スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

■連休の過ごし方■

先週の連休は,毎日ご飯食べに行ってて,さすがにやばい・・・と思うようになりました。
お金も体重も(TT)

今回も意外に出かける用事は入ってしまってるんですよ・・・今日の夜の飲み会はいつものごとくですが,連休最終日には,同期で滝を見に行くことになっています。

ただ,これは三大名瀑の一つということなので,純粋に楽しみ。
その近所に吊り橋があるんですが・・・皆はこっちも楽しみ?らしい。
私は高いところが駄目なので(汗)まあ,無理矢理上でも見ながら渡ってこようとは思います。

それと,弟が初任給で家族に食事をおごってくれるとのこと。
偉い。



【刑裁修習68日目!!】

■ようやく■



っという間に一週間。
今週は要件事実のゼミ,他の班の飲み会,地域の先生のところへ遊びに行く,連休は九州旅行・・・と毎日目白押しです。

・・・勉強しないとならんのに(><)

電車の行き帰りに少し勉強をしてます。
そのほかDSの「もっとえいご漬け」を少々・・・うそ,多々。
これ面白いね。中・高とやった勉強が,ようやく身になってきた感じ。


【民裁修習64日目!!】

■平成19年度 現行司法試験短答式本試験■

本日は司法試験の短答式本試験です。

ローの新試験じゃないほう。自分たちが去年受けた試験です。


今年は出願が28000人,最終合格予定が300人。
計算すると去年以上に厳しい数値となりますが
友人が何人か挑戦してます。

落ち着いて普段通りの実力を。


【前期修習27日目】


■『第2回新司法試験』■

今年の新司法試験の出願者数(途中)が出た模様です。

http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h19syutugan.pdf
出願者数等5,401人
(1) 性別構成
男性3,786人(70.1%)
女性1,615人(29.9%)
(2) 修了者1,076人(19.92%)
(3) 修了見込者4,325人(80.08%)

今年は2000人くらいが最終的に残るのかな。
そうであれば38%弱の合格率ということになりますよね。

ただ、去年の新61期(新司法試験合格者1000人)とその前の現行60期1500人で
既に飽和状態というか、就職難らしいので…
将来的には3000人となるロー卒新司法合格者って、大丈夫なのでしょうか。

裁判官やってる友人などが言うには二回試験で落とそうとしてるとのこと。

建前上、7割法曹を謳ったロースクール構想(既に破綻という話ですが)
一度決めたら止められないんでしょうね、個人の人生もなんのそのですw

今回の試験には昨年不運な籤を引いた方が当然挑戦してるようですが(1076人)
その方たちって今年は必死で勉強したであろうし、新規に受験する人にとっては脅威なんじゃないかなあ。
もしそのほとんどの人が合格の席を取ってしまうなら、残りの1000の椅子を見込み者4000人が争うことになるわけで…現行の論文試験みたいな感じに似てるのかも。


【修習まであと63日】

■合格発表日■

合格しました。
家族他支えてくださった方々に感謝の気持ちを。

ありがとうございました。

【口述】発表前夜

いよいよ、明日(今日)は発表です。

前も書いたけど、自分の予想なんて意味は無いんでしょう。
ですから結果については、良いように考えて発表好きなことをしておこうと思ってました。
でも、やっぱりしょっちゅうつまらないことも考えてました。
明日が近づくにつれそんな時間も増えてきたかもね。

弱音吐きたくても、「なんだよ」と思われそうで中々友人には言えませんでした。
どうも周りからみると9割受かる試験なら大丈夫ってことなんでしょう。
自分でも受けるまではそう思ってましたけど、そうでもなかった。
精神的には一番つらい試験でした、おそるべしです。

自信満々で発表を観にいければいいんですけど、いかんせんいやな記憶が。
・・・明日はネットで見ると思います(笑)

・択一は自分でかなりの精度で採点できます。したがって発表を待つ前にある程度の合否がわかるのであんまり心配はない。
・論文は基準がよくわからないし、落ちて元々という気持ちがある。
したがって勿論ドキドキはしますが、不安というものもそれほどではない。
受かってりゃいいなーという感じ。

で、口述。
ほとんどが受かるということで、大抵は受験生活からの開放を安堵し、11月から来年までどんなことをするか等の予定を自然に考えてしまう。
つまり一度こうしようと思った予定というか未来が砕けちるのが厳しい。
(砕けるといっても単なる試験。死ぬわけじゃあるまいし深刻になる必要はないですけど)
受かってるよな?と信じたい。その待つ時間こそが一番の恐怖の対象なのですね。
楽しめる胆力がほしいところです。
でもさ2週間以上って待たせすぎだよねえ。


さて、愚痴はこの辺にして。
明日は一日中地元を散歩でもして発表を待つことにします。

楽しみは半分、怖さは半分。
でも、あえて楽しみが全部である・・・と書いて終わることにしましょう。

ではでは。

【休憩】一通り終わって

試験は21日〜23日の3日間、浦安の法務省研修センター?で行われました。

口述後体調を崩してしばらく臥せってました(笑)
体力ないなーと思います、はい。
今後はもう少し鍛えていかないとね。

口述自体は遅刻もせず無事終了です。
内容は散々でしたが、過ぎてしまったことは仕方ありません。
受かってるといいんですけど、落ちててもまたがんばるしかないかな。

試験についてはもう少し日が経ったら書いてみようかと思います。

手ごたえとしては、
初日:刑事系
 刑法 ×
 刑訴 ○
二日目:憲法
 憲法 ○
三日目:民事系
 民法 △
 民訴 ×

×って-1〜-2くらいつくんじゃないかなとの予想。
○は無難に±0
△はもしかすると-1
合計295〜298 去年ならギリ(汗)

しかも主観なので、同じ組の出来がよければ、相対的にもっと沈みます。
不安ですねえ。

とにかくしばらくはやりたいことをして時間をすごします。
受けられた皆様お疲れ様でした。

また、来年を目指す皆様、ほかの資格の方、会社員の方。
寒くなりますが、お体には気をつけてがんばりましょう。

【いよいよ】口述前日

今日こんな更新するのもなんですが

いよいよ明日となりました。
模試が受けられなかったので、友人に手伝ってもらって模擬テスしたんですが
…頭が真っ白になるというのはどういうことか理解できました。

21日は刑事系(刑法・刑訴)
22日は憲法
23日は民事系(民法・民訴)

今日はこれから宿へ向かいます。
次の更新は終わってからとなるでしょう。
宿では、刑法の択六チェックして、刑訴は論点ちょっとチェックして、条文読んで…


やれるだけやって、明日は真っ白になってもいいから(よくないけど)
一生懸命やってこようと思います。


では。
■【2006年口述本試験まで日】

【近況】口述過去問

あっという間に一週間が経過。

過去問には論文試験前に目を通しておいて本当に良かったと思いました。
量が多いので普通にやってたんじゃ追いつきません。
…基本部分だけの確認で終わりそうですけど。

予定
13日 過去問 条文 手続き(民訴・刑訴)
14日 過去問 条文 手続き(民訴・刑訴)
15日 模試 過去問
16日 過去問 条文(民法)
17日 過去問 条文(刑法)
18日 過去問(チェック部分)
19日 過去問(チェック部分)
20日 見直し初日分
21〜23日 本番
■【2006年口述本試験まで日】

【近況】論文試験発表日

番号ありました。
口述の勉強に入ります。

なにもやってねえ・・・(><)


今後
■【2006年口述本試験まで15日】


Recommend

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6300円(税込)

≪Blu-ray Disc Formation≫(数量限定生産)6,300円(税込)
CD+Blu-ray Disc(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)
スペシャルブック・豪華パッケージ

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3800円(税込)

≪DVD Formation≫(数量限定生産)3,800円(税込)
CD+DVD(11月20日に開催された「Minori Chihara Acoustic Live 2011」を完全収録)

Calendar

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Categories

Archives

New Entries

Recent Comment

Recent Trackback

Links

Profile

search this site.

Others

Mobile

qrcode

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM